日々の徒然節約・貯蓄・投資や資格取得日記

30代のシステムエンジニアです。日々の節約、投資などの情報、また資格取得の勉強記録を綴ります。

プロジェクトマネージャ試験対策~午後二論文

  • 二時間の時間配分を整理

14:30-15:05 (35min) : 問題選択、論文設計、設問アの論述

15:05-15:50(45min): 設問イの論述

15:50-16:20(30min): 設問ウの論述

16:20-16:30(10min): 見直し

 

  • 自己採点をしてみての、チェックリスト
    まあ、論文試験は自己採点が難しいな~*1
    時間内に書けたらまずまずOK!と思ってしまう。
    書き終えてから時間を空けて、なるべく客観的に反省点を見つける。

    (テンプレート)
    □「あなたの担当したフェーズ」では、担当した工程すべてに〇をつける。
    (システム企画・計画~移行・運用 まで)


    (設問ア~ウ)
    □一段落が長くなり過ぎないよう、段落を分ける。
    □箇条書きをつかうとき、以下の体裁で。
    (1)【空白】XXXXXX
    【空白】XXXXXXXX
    【空白】XXXXXXXX
    □各設問の、大きな章項目(1.XXX 2.YYY など)を付け忘れない
    □「なぜなら~」を使い理由を示す
    □複数の選択肢を立案した上で、選択して実行したという過程をアピールする
  • □ 〜という特徴を踏まえ、通常は〜だが、今回は〜とした、とする
  • (設問ウ)
    □最後は、前向きな言葉で締めくくる。

*1:+_+

はじめてディズニーランドホテルを予約した ~GOTOトラベルも使ったYO~

はじめに

f:id:EternalBlueBullet:20200819211515p:plain

東京ディズニーランドホテル

家族の誕生日が来月に控えていまして、何かサプライズできないかなと考えておりました。

休みを合わせて旅行にしたいけど、コロナの感染も心配

 → 近場で泊まりにいけるところならないだろうか?

   → 幸い千葉県民

     →ディズニーの公式ホテルって、今ならもしかしてGO TOトラベルでお得に泊まれるのでは!!??

 

と至った次第です。

 

お得な予約方法の結論

なおかつ、

  • 予約開始はディズニー公式の予約開始日の15~16時ごろになる。
    予約開始日に狙いを定めて、希望の日程、部屋の種類を確保(^^)
※9/2追記 9/2(水)現在、公式では10/8まで売り出しているのに対し、一休、楽天では10/1までの状態。
公式での発売開始と、オンライン代理店での発売開始の時間差が大きくなったと思われます。

一休の場合、後述するメール通知を設定するのが確実です。

 

以上です。

 

 

 

 

・・・ あまりにあっけなく終わってしまいますので、実際に予約した時の記憶を元に、補足いたします~!

 

GO TO の割引適用は、旅行会社経由のみ

8/15の時点で発表されていました。

  • 9月以降のホテル予約で、ディズニー公式からの予約ではGo Toの適用がされません
  • 適用するには、旅行会社経由。これには、上記の一休.com楽天トラベル
    は含まれます(^^)/

www.traicy.com

割引を適用して予約するには

私は一休から予約したのですが、GO TOのクーポンを取得し、予約時に適用する、という方法でした。楽天の方も似た方法だと思いますが、予約するオンラインのサイトごと、GO TO適用方法の説明ページは良く目を通した方が良いですね。

 

オンラインの代理店での予約開始タイミング

「ディズニー公式からの予約よりも、一休、楽天からの予約がお得と分かった。

さて、公式に比べて、予約開始は遅いんじゃないのか??」と私も疑問に思いました。


 

結論、ディズニー公式は午前11:00開始で、オンライン代理店は
同日15~16時くらい 
でした(私個人で体感した実績です。)



ホテルの予約は、一週間区切りの期間ごと、毎週水曜に開始しています。

今なら、以下の通り。(【公式】ディズニーホテルの予約について に記載あります。)

2020年9月25日(金)~10月1日(木)の宿泊予約の受付は、2020年8月26日(水)11:00より開始いたします。

 

当日、一休から予約するぞと息巻いていたワタクシ。(リーマンなのに仕事はどうした)

 11:00を過ぎても、一休からの予約では、一向に予約可能になりません・・

 

 

16時少し前に、ようやく予約可能に変わり、即座に希望の部屋を予約!!

 

 

あとで気づいたのですが、一休では、空室待ちを登録すると、メールで予約開始のタイミングに通知してくれるありがたい機能がありました。

これを知っていれば、何度もサイトを再読み込みしてやきもきすることをしなくて良かった・・。 おすすめです。

 

さいごに

最安、最速で予約する勢いで私は実行しましたが、やはりこのコロナのご時世というのもあり、即座に予約が埋まっていくほどの勢いではないようです。現状の予約状況を見る限り。

しかし、早く予約して確保するに越したことは無いですね。日程が近くなると価格もじわじわ上がりますので。(あまりに捌けてないと、下がってくるのかもしれないが。)

 

 

はじめて泊まるディズニーランドホテル、今からとても楽しみです(^^)

 

普段は楽天派なのですが・・前にも旅行では一休使ったのが理由ですね。

単なるリピーター。Go Toの35%プラス、一休割引5%

 

楽天ポイント貯めたいなら楽天トラベル

 

 

補足を少し

  • パークのチケットは、宿泊時、ホテルのフロントにて購入することができます。意外と大事なのが、一泊二日の場合、チェックアウト日のチケットしか買えないということ。
  • 一休や楽天から予約した場合、ホテルのレストラン予約は電話からになります。
    予約番号を発行してくれます。
    この予約番号は、ディズニー公式の予約システムからレストラン予約内容の参照をするのに使えます。(公式のIDとの紐づけもできました)

東京ディズニーリゾート・オンライン予約・購入サポートデスク
チェックイン日の1ヶ月前より受付
045-330-0101 10:00~15:00(年中無休)
https://tokyodisneyresort.jp/hotel/topics/reopen/reservation.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

OSS-DB Silver 勉強記録

練習問題を解きながら、誤ったところの記録です。

オープンソースデータベースの一般的特徴

 

 

  • メジャーバージョンとマイナーバージョンから構成される。
    マイナーバージョンは、不具合修正やセキュリティ対策。

データベースの基礎知識

  • 対象世界 →(抽象化)→概念データモデル →(変換)→論理データモデル

    という考え。

    概念データモデル:ERモデル
    論理データモデル:階層モデル
             ネットワークモデル
             関係モデル

    論理データモデルは、DBMSに依存する。

  • 関係モデルの属性の取りうる値(定義域)を、「ドメイン」と呼ぶ

 

  • SQLの分類
    DDL(Data Definition Language): CREATE, ALTERなど
    DML(Data Management Language): SELECT, INSERTなど
    DCL(Data Control Language): GRANT, REVOKE, COMMIT, ROLLBACKなど

 

チームで成果を出すために必要なこと

読みました

THE TEAM 5つの法則 [ 麻野耕司 ]

チームで成果を出すために、どのようなことに着目し、行動をしていったら良いのか。

チームのリーダー向けなところは大きいですが、リーダーでなくとも、自分の所属する組織にあてはめて考えることができるので一読の価値はあると思います。

 

5つの法則

大きくは、このABCDEを頭に入れておくことが大事そうです。

覚えやすい工夫でABCDEにあてはめたのかな。

 

A: 目標設定(Aim)

B: 人員選定(Boarding)

C: 意思疎通(Communication)

D: 意思決定(Decision)

E: 共感創造(Engagement)

 

印象に残った点

  • チームのタイプを把握する

私が行っているIT(SIer)の開発保守プロジェクトですと、

環境の変化度合いは大きく、人材の連携度合いが高い「サッカー型」が殆どですね。
急なトラブル対応はなく、スケジュール調整にも困難が生じずチーム課題が少ない時期は、環境の変化度合いの小さい「野球型」になってくるかなと。

 

サッカー型では、人材の面で言うと、

能力は相互に補完的である方がよく、

個々が自律的に考え、意思決定する権限も分散している方が良い。

 

  • ルールは細かすぎると、コミュニケーションコストが増加する。

C: 意思疎通(Communication) の章で述べられていたこと。

 

ルールが全くない状態:コミュニケーション高い

適度にルールを定める:コミュニケーションが下がりGOOD

ルールを細かく定めすぎる:コミュニケーションコストもが再度上がる

 

分厚い運用ルールを定めると、個人の効率はまず下がり、

ルールの確認だったり、追加・変更の議論でコミュニケーションコストはかえって

上がることになってしまう。

 

薄々感じてはいたものの、

チームのルールの質・量についてはこのことを頭に入れて設定を考える必要があるよなと気づきました。

20~30人の規模というのが、ある意味一番難しいところかもしれません。

ルールが無さ過ぎた場合、全員で密にコミュニケーションするのは難しい規模だし、

作り過ぎたときに個々のパフォーマンスが落ちるデメリットは受け入れたくないというのもある。またルールのメンテナンスも厳密に行っていこうとすると、コストがかかるんですよね。

 

  • 意思決定において大事なこと

選択肢があるときは、選択をするための評価観点から考える。

再現性のある議論にできるか(どうゆう根拠で決めたんだっけ?とならない)

 

リーダーの独裁の決定は悪ではない。

スピードのメリットはもちろんある。

また、A案とB案があったとき、A案で良い見込みが51%であるようなとき、

A案と決めてしまった上でチームでのその後の推進があれば、A案の可能性を上げていくことができる。

 

 

なるほどですね。

チーム全体の納得感をもった決定を行うことが基本とは思いますが、

リーダーの強く、早い決断が必要な場面もある。

そんな時も、決断の後からチームの納得感を高めていく努力もできるし、

あの人の決定だから納得しよう、とチームメンバに思ってもらえるような、人徳づくりも重要なんですね。

 

THE TEAM 5つの法則 [ 麻野耕司 ]

価格:1,650円
(2020/8/8 14:07時点)
感想(5件)

MOS ACCESS 2016試験を受けた ~データベース学習の第一歩~

受けました

MOS Access 2016 を受けました。

https://mos.odyssey-com.co.jp/outline/access2016.html

 

結果からいうと無事に900点台で合格しておりました。

きっとこれから受ける人のためになる情報、備忘録として記録しておきます。

 

受けた動機

データサイエンティストには大量データ処理のためデータベースの知識が必須、と謳われているからですね。

本業の業務でデータベースはよく扱うものの、深い理解からは逃げていたところがありました。。

 

まずはGUIで触れてとっつきやすそうな、Accessを理解し、データベースのプロフェッショナルの第一歩を踏み出そうという魂胆ですね。

 

試験前の注意事項~会場で初めて目にするよ・・!~

試験前には、注意事項が記載された冊子に目を通します。

ここで、Word, Excelなど試験ごと、操作上の注意があります。

Accessの箇所に目を通すと、「んん??これは参考書でも、公式サイトでも、どこにも記載なかったような・・」という記載があります。

覚えているのだけで3点。

 

  • クエリ実行時のパラメータ入力ダイアログが出る状態はNGf:id:EternalBlueBullet:20200731203017p:plain

↑のダイアログが出る状態だと採点がNGになる場合があるので、出ないようにしてから次のプロジェクトに行ってね、との記載。

となると、クエリの編集で、パラメータの自由入力を行うパターンは絶対に設問にないということだろうか??

FOMのテキスト付属の演習問題では、普通にこのパターンあったはず。。

 

と、疑念は浮かびましたが、本番の形式だとそういうものなのか?と無理やりに納得。

 

  • フォーム、レポートのコントロール部品で、エラーが残っているとNG

    f:id:EternalBlueBullet:20200731203607p:plain

    ↑のように、デザインビューでエラーのコントロール部品があると、採点がNGになるとのこと。例えば、コントロールソースに存在しないフィールド名が指定されているなどですね。


  • テーブルやフォーム、レポートを開いたままだと、採点NGとなる場合あり
    これもこのように冊子に記載がありました。
    基本的には、各設問の最後、「テーブルを保存して閉じます~」のように閉じることまで操作を指定してくる設問が大半なので、素直に従えば問題はないでしょう。
    うっかり開いたまま次のプロジェクトに移り、プロジェクト単位で失点したら痛手ですので、操作をしたら保存して閉じる(Ctrl + W)ようにすると安全と思います。

勉強全般を通して

MOSの試験ではどれも同様かとは思いますが、FOM出版のテキストに付属する模擬試験、これを勝手に手が動くまで解いておけば本番でも問題はありません。
(一問、サブフォームありの問題で、フィールド項目のリンクの仕方が分からず諦めた問題がありましたが・・)
模擬試験の類似問題がほぼほぼ(9割以上は既視感たっぷり)です。

さて、Accessの基本的なスキルは身に付けられましたが、データベースの学習としては、まだまだこれからが本番です。

 

AccessSQLの構文はまったく意識せずともクエリを作れます。また、PostgreSQLなど、実際の業務で使われるDBMSを操るには、Accessを触っているだけでは得られないスキルが必要ですね。

 

データベースに対して、何か漠然と難しそうだ・・SQL・・??

と苦手意識がある方は、最初はAccessから入っていっても損はないと思いますよ。

 

 

MOS Microsoft Access 2016対策テキスト&問題集 Microsoft Office Specialist【合計3000円以上で送料無料】

価格:3,080円
(2020/7/31 20:50時点)
感想(0件)

模擬試験を繰り返し解けば合格はOK!

postgresSQL学習

  • psql からユーザpostgresでデータベースdb1に接続する。
 psql -d db1 -U postgres
/var/lib/pgsql/10/data
  • データベースクラスタ内には、複数のデータベースを作成できる。

データベース名とOIDの対応を確認。

db1=# SELECT oid,datname FROM pg_database;
  oid  |  datname
-------+-----------
 13805 | postgres
 16384 | db1
     1 | template1
 13804 | template0
(4 rows)
  • initdb

root以外のOSユーザで実行する。
initdbでデータベースクラスタを作成したOSユーザは、「PostgreSQLの管理ユーザ」となる。
デフォルトで管理ユーザと同名のデータベースユーザが作成される。
名前を別にする場合は、-Uで指定する。

「仕事2.0」を読んだ変化に対応できる人だけが生き残る

読みました

newspicks副編集長の方による著書ですね。

2018年刊行。

全体としては、

LIFE SHIFT(ライフ・シフト) 100年時代の人生戦略

にて語られている、人生100年時代の到来、それによって起きる人生設計への変化(仕事および資産戦略)をベースに、今後必要となる、仕事への向かい方が語られています。

 

日本型雇用の終わり

散々に語られていることではあるけど、

終身雇用の終わり、

ジョブ型雇用へ移行

によって、会社に入ったら定年までの安心付き、という時代は終わるということが書かれています。

 

 

私はいわゆる大企業に入る会社に勤めているものの、まだ如実に流れが来ていることは実感薄いです。しかし、ジョブ型雇用への移行は高々と社内でも方針が出されている。

45歳以上の早期退職募集も行われている、これらは確かな事実。

 

雇用が不安定になった、と捉えてしまうのか、

能力次第では社内でも、能力給を前提としてキャリアアップをしやすい環境になったと捉えるのか。

結局は仕組みをどう活かすか、そのための自己研鑽にどれだけ意欲的に取り組めるか、で差がつく時代が来る。

 

ワーク ”アズ” ライフ の時代

落合陽一氏が言っていた言葉らしいが、「ワークライフバランス」を掲げて仕事と余暇を切り離す時代は終わる。仕事と、仕事につながる学びや経験が混ざっている状態がライフ、人生になる。

 

私も、資格勉強を日々の習慣として始めたり(これは会社で言われてというわけではない)、仕事につながる本を読んだり、ビジネス系Youtuberを見たり・・(まこなり社長やR25チャンネルとか)ということを始めるまでは、

会社を一歩出たら仕事に関わることに時間を使うのはナンセンス!余暇時間がもったいないでしょ、と考えている方でした・・。

 

しかしね、仕事の時間以外での学習時間というのは、ブログを書いたりするのも含め、 本業のパフォーマンスに活きているという実感は確かにあり、結局は、余暇時間に行った自己研鑽は、将来的に得られる金銭の価値に変わるときが来ると思うのです。

副業の収益として、学びながらも情報発信で得られたらさらに分かりやすいですね。

 

残業して得られた、単に労働時間に対する報酬とは違う。

能力をもってして得る、意味のある報酬。

結局のところ、サラリーマンを時給労働と捉えて、勤務時間の間だけ仕事を考えて働きます、ではね、能力の伸びは限界が来るし、仕事も受動的で楽しくはないだろうと思っています。

 

ワーク ”アズ” ライフ では仕事への前向きなモチベーション維持と、その実践を繰り返せることが、新しい価値観なのでは。

きっと、雇われサラリーマンではなく主体的に事業を行っている人は、とっくにこの価値観なのではと思うけど。

 

さいごに

ビジネス本を読んだり、資格勉強をしているなんていうと、意識高い系なんて揶揄されることがありますが、そんなこと言う人たちは、努力をしなくても良い安全地帯に人を引きずり込んでいたいだけなので無視無視と。

まあ、幸いなことに、自分の会社では本を読んでいることや、資格、投資について前向きに興味持って話ができる人がいて気が楽です。

勉強自体が趣味だなっていう感覚、それを肯定してくれるような一冊ですね。

肯定してくれるというか、時代が強制してくるのだろうけど・・。

 ジョブ型雇用にあたっては、資格というのもある意味、はったりに使えるだろうしね。

結果を出せるかは業務上での努力次第だけど、ある職務に名乗り出たときにアピールできるものがあるのは有効と思われる。

仕事2.0 人生100年時代の変身力 [ 佐藤留美 ]

価格:1,540円
(2020/7/26 06:05時点)
感想(0件)