30代データサイエンティストの雑記集

大手IT企業でプロマネからデータサイエンティストに転身。節約×資産形成×AI×資格取得×仕事に関することを発信しています。 未FIRE。

脱炭素で自動車業界に訪れる未来

こんにちは。

www.denso.com

今日考えた結論としては、自動車業界を取り巻く
環境では、以下の3つの変化が起こるのではないだろうか、ということです。

  1. ガソリン車からEVへのシフト
  2. 火力発電から再生可能エネルギーへのシフト
  3. 無人運転商用車の普及による自動車の走行台数の減少

ガソリン車からEVへのシフト

これはまず、進むことは確実ですね。
大手自動車メーカーが軒並み、EVへの移行計画を発表しています。

そして、今回見たデンソーさんの「走行中給電」が
実用化できれば、EV普及の追い風になるだろうと思います。
スマホのワイアレス充電と同じ原理で、道路から
給電ができる仕組み。

道路への設置を整えるには、相当な国の投資が必要でしょうけど、
日本が先陣を切って導入していけば、世界に輸出できる技術に
なる可能性も秘めていると思います。
テスラもまだ普通のEV給電スポットですからね。

火力発電から再生可能エネルギーへのシフト

単純にガソリン車をEV車に置き換えても、
実は脱炭素にはなりません。

EVの使う電気は、火力発電で多くを賄っているし、
EVの生産工程で生じる電力は、ガソリン車よりも
多いということがデンソーさんの記事でも言及されて
います。

原発をどうするのかという問題も絡んできて、
日本の発電の未来はどういうバランスになっているのか、
まだ確信は持てません。
ただ、火力発電は減らしていかざるを得ないと思います。
再生可能エネルギーに取って替わるのがベストですが、
不足する分は、原子力発電に頼るという段階も
あるだろうと考えます。

原子力については非常にデリケートな問題ではありますが、
一つの発電技術として、真に安全なものとするための研究は、
続けてほしいと思っています。

無人運転商用車の普及による自動車の走行台数の減少

自動運転技術がより進んで、法整備も整えば、
無人運転タクシー、バス、無人デリバリーなど実用化する
はずです。
そうなると、自家用車を持つ必要性は低くなる。

自家用車が必要不可欠なエリアに住む人以外は、
車を購入することがなくなるのではと考えます。
そうなると、EV車の生産台数も減ることになる。

自動車業界としては、転換を迫られるタイミングだと思います。

単に車を売るのではなく、自動運転含むソフトウェアありきで
車を売り、ソフトウェアによるサービスを継続して提供する、
というビジネスモデルになってくるのではないでしょうか。

テスラの車は、定期的に搭載するアプリケーションのアップデートが
配布されているそうです。まさにコンピュータに車がくっついている感覚。

トヨタはスマートシティの実証実験を始めたり、
車を中心に据えながらも、トータルで生活に関わる体験を提供するような、
そんなビジネスにシフトしていこうとする意志を感じます。


カーボンニュートラルや、AIの進化が交錯する、とても面白い時代だなと、
感じた次第です。

無料の家計相談サービスでは、長期的な金融リテラシは得られない

こんにちは

今日の結論としては、
無料の家計相談サービスの多くは、
アフィリエイトリンクだらけの家計情報サイトと大差ないだろう。
長期的に、本質的に自分の身になる知識を得るには、
対価を払うべきだ、ということです。

※以下、特定のサービスの概要を、
WEBで得られる情報を見た上で、私見を述べているに過ぎません。
実際にサービスを利用してはおりません。

根拠なくサービス内容を揶揄する意図はありません。


無料のサービスの裏には、当然お金の流れがある

街角で「家計の見直し堂」という業者の人たちが
ティッシュ配りとアンケートを行っていた。

無料での家計相談を行うサービスのよう。

気になってWEBで調べると、およそ以下のような構造でした。
・ユーザは、家計相談を無料で受けられる
・見直し堂の業者は、格安スマホ業者、各保険会社、ウォータサーバ業者などと提携しており、提携サービスに誘導する
・見直し堂の担当者は、提携サービスの紹介が成約したら、インセンティブを得ることができる。

求人ページで見つけたインセンティブの記載。
f:id:EternalBlueBullet:20210613210003j:plain


やはりというかまあ予想通りではありますが、
相談に行ったところで、提携サービスにうまく誘導されるオチなのだろう。

ユーザにとって短期的な家計改善にはつながるかもしれないが

提携サービスに誘導されたとしても、
格安スマホへの乗り換え、保険の乗り換えで、
実際に家計改善につながることはあるのだとは思います。

しかし、ユーザにとって短期的なメリットは得られるが、
今後も様々に、金融資産に関するあれこれを自己判断していけるような、
いやできなくても、学び続けようとするような力を得ることはできるのだろうか?

それは否だと考えます。

見直し堂の担当者の目的が、インセンティブになっている以上は、
真にユーザのためを思ったアドバイスや、今後の金融知識の
学び方なんて、教えませんよね。
(そもそも教えることのできる人なんて、一握り)

価値ある情報かを見定め、学び続けること

私が感じた結論としては、こういった考え方です。
無料かどうかという点は、必ずしも絶対の判断基準ではない。
しかし、無料の裏のビジネス構造が明け透けに見えているならば、
情報の質はその程度と割り切らないといけないでしょう。

無料の相談ではなく、一冊でも評判の高い書籍を買って、
汎用的な金融知識をつけるだけでも、十分元が取れる。

無料の情報だとしても、
発信者がどう収益を出しているのか?どういう理念なのか?
を調べ、理解、納得ができるなら、情報をあてにしてもよいと思います。

具体的に、私が信頼している情報源

書籍としては、
・FPの横山さん。分かりやすく、家計改善という視点での本が多い。
横山光昭 – MONEY PLUS
・リベ大両学長。
 本業の経営や、オンラインサロンでの収入源がある分、Youtubeでは無料の発信を行っている。
資本に余裕のある人が、情報の価値で勝負しているということは理解できます。
たまにアフィリエイトでサービス紹介も動画に含まれていたりするけど、
あくまで興味があったら使ってね、程度なので、私は嫌味ないと感じ視聴していますね。

・税理士大河内薫先生
お金の教育で日本を変える、という理念をもって活動する方。
この方も本業の税理士業務はあるし、お金の教育を理念として掲げるほどで、
情報の質は非常に純度が高いといえます。

・奥野一成氏 教養としての投資
投資をする上でのベースとなる知識は、この本で得ておくべき。
金融商品、会社自体をどう評価すべきかの視点を、知ることができます。
newspicksのプロピッカーとしても、よくコメントをお見掛けする。

さいごに

冒頭でも書きましたが、特定の業者様を揶揄する意図は一切ありません。
ビジネスの構造を考えてみる練習もかねて、私見を書いてみました。

まずは自己投資としてのブログ

新しく作ったブログが初月10万PVいけそうな話。 - イケハヤ  https://voicy.jp/channel/585/165025 #Voicy

 

こんにちは。

 

特化型ブログも楽しそう

イケハヤさんは、何かテーマを特化型にした新ブログを、匿名で運用しているとのこと。

 

ニッチなテーマで、インターネットの世界で1位の情報量、露出度を取りに行くというのも、チャレンジングだし、当たったときの身入りも大きいのかもしれない。

 

しかし、自分はニッチなテーマで書き続けるとしたら何になるのだろう、と感じた。

 

雑記ブログの価値

ニュースの見解だったり、仕事を通して感じたことをアウトプットする。これ自体は、続けることで自分自身のライティングや、物事を深堀して意見を表現する訓練になるだろう。

 

しかしより多くの人に読まれるには、

もっと自分自身の分かりやすい権威性、タグ付が必要だ。

 

ビジネス系の発信においては、

経営者の視点のあるまこなりさんや、

相当な読書量と、喋りの能力のあるサラタメさんを純粋に超えることは難しいだろう。

 

何にせよ、本業、副業でよりもっと成果を出し、自分だからこそ語れる視点を増やすことが重要だろう。

 

どこにでもいるサラリーマンの雑記だからこその価値はなんなのか、より追求していきたい。

受け身で仕事をするばかりだった自分がもし見ていたら、開眼するような内容を、継続していきたい。

国が権力を振りかざすなら、デジタル改革に挑戦する会社が減る

こんにちは。

今日の結論としては、
国が権力を振りかざして、後出しの変更契約に圧力をかけたなら、
国のデジタル改革のために挑戦しようとする会社は委縮してしまうな、
という考えです。

また、大手ITベンダ側としてのアクションプランとしては、
以下のようなお客さんへの接し方をしていくべきだ、と考えました。
・お客さんのIT知識を下に見ず、尊重する態度で接する。
(言葉を選ばず表現すると、ITのことが分からない相手と決めてぼったくるような態度は
絶対にNG)
・お客さんが不信感を感じないよう、成果物と金額の根拠は納得感を与える説明をする

この報道から考えた問題点

報道の要旨としては、
・オリパラシステムで、不要となる機能(顔認証)部分の契約が、ゼロになった
・73億円⇒38億円への契約金変更
平井大臣が、側近の幹部に、NECへ圧をかけろというような強い言い方で指示
・音声が流出し、今回の報道に

いろんな問題が複合的になっています。問題点としては、
以下でしょうか。
1.開発途中の変更契約で73億円⇒38億円と大幅に契約額を減らすことが成立したこと
2.73億円という金額が、アプリ開発(周辺機器などハード面があるとしても)のみへの対価であること(
(NECが国にふっかけている金額では?)
3.音声が流出していること

ここでは、1.の問題について、私見を述べたいと思います。

要件がなくなった部分への対価がゼロ、ということの違和感

この報道以前の記者会見でも、なくなった要件部分への契約金はゼロにした、
という発言がありました。
定例記者会見 オリパラアプリ(統合型入国者健康情報等管理システム)契約の見直しに関して 20210601② - YouTube
f:id:EternalBlueBullet:20210611203119p:plain

6月にはリリース予定だったというからには、
当然上流工程では、顔認証機能と、アプリの他部分との
連携だったりがインタフェース的に問題ないかだったり、
様々な作業があったはずです。

委任契約ならば、上流工程で生じた人件費は払うべきだし、
請負契約なら、上流工程での成果物には、対価を払うべき。

そこがゼロというのは、国がITの開発をまだまったく理解できていない
ことを示してしまっているのでは?とも解釈できてしまいます。

平井大臣の公式ブログの声明を見ると、
「サービスが完了した後に費用を払う契約」だったとのこと。
うーむ、請け負う会社にとっては、不利な契約だったのではないか。
コロナっていう外的要因とはいえ、作ってきたものの要件がひっくり返ったら、
それまで投入した工数が無駄に帰してしまうのだから。

国のシステムに挑戦するスタートアップが怯んでしまう

今回、NECということで資本には体力がある企業だからこそ、
無題に帰した工数も、他事業からリカバリ、補填できるのではと考えます。

政府の案件で一躍躍進を狙うスタートアップだったら、
投入した資金がそのまま負債となり、つぶれてしまうこともあり得ます。

平井大臣の方針では、国のデジタル改革には、実力のあるスタートアップを
積極的に起用していく、ということを言っていた。
それだけに、未来につながる挑戦をする企業の、機会を奪うことに
今回の事例がつながらないか、心配に感じました。

平井大臣も、様々なプレッシャーがある

国の血税を無駄にするな、とう野党の声など、
様々にプレッシャーを感じていたとのこと。

ベンダーの言いなりになって交渉していたら、
なめられてしまう、という動機もあったようです。

平井大臣は、ITのプロダクトがどのように作られるか、
理解している方のはず。これまで私が見たインタビューなどの
発言からは、確かにそう思います。

それだけに、今回は感情的な、焦りが冷静な判断を勝ってしまったのでは
ないでしょうか。

ITエンジニア側の視点でも、納得のいく結論になっているかどうか、
周りにもわかる人がいるはず。

過激な発言で物事を進めようとしたことには、再考していただいて、
これからの冷静な推進を、期待しています。

大手ITベンダー側として、得られる教訓

今回の事例から考えると、大手ITベンダーの教訓としては、
以下のようなお客さんへの接し方をしていくべきだ、と考えました。
・お客さんのIT知識を下に見ず、尊重する態度で接する。
(言葉を選ばず表現すると、ITのことが分からない相手と決めてぼったくるような態度は
絶対にNG)
・お客さんが不信感を感じないよう、成果物と金額の根拠は納得感を与える説明をする

今回、平井大臣が「NECになめられないように、強く減額は交渉するべきだ」
という動機での発言でした。
これは推測に過ぎないですが、NECが、73億円という高額の契約金を、
契約の中身をしっかり精査できない(ITのことはわからない)国に対して
ふっかけた、ともとれる言動があったのかもしれません。

平井大臣としては、デジタル庁の権威も今後確立していくために、
ベンダーから国の調達を甘く見られたくない、ちょろまかすことができる
相手と思われてはいけない、という焦りもあると感じます。

だからこそ、お客さんのIT知識を下だと決めつけず、真摯に
お客さんのことを考え、協業する仲間という感覚で接することが
できるベンダーは、平井さんからの信頼も得られるのではないでしょうか。

お金は手段。自分の価値観を持たないと

こんにちは。

今日の結論としては、
お金、もっと広く富というものは、
持っている数字で、大小は決まる。
それは勝ち負けなのだろうか?と
考えるとそうとは言い切れない。
お金は各人の価値観を実現するための
手段。

税理士Youtuber大河内先生のvoicyを聞いて
こんな思いに至りました。

日本人は、他人が儲かることを良しとしない考えをしがち

紹介した人、紹介された人が1000円もらえるという、みんなの銀行の
キャンペーン。
「紹介者が儲かるなら、私は口座など作らない!」とう考えの人がいる。

これは、自分も、賛同する気持ちが少しある。

お金を儲けることって、どうしても人と比べやすい。
同年代の仕事や給料って、気になって競争意識を持ってしまうことはある。

他人と比べて、自分の価値を認識する。
お金には、やはり相対的な要素がある。

人を下に見ても、自分の価値は上がらない。

しかし、お金に限っても、
人と比べて自分はどうだ、と考えたところで、
すぐに何か変わるわけではない。
一時の安心や、あきらめといった感情には
つながるかもしれないけど。

お金でなくても、人を下にみることで
自分が安心する、それは感情の動きとしては
真実。しかし、実際に自分の本質的な
価値が上がることにはつながらない。
行動があってこそ。

お金は稼いだ量で順位がつくかもしれないが、あくまで手段

結局は、個々人の価値観を実現するための手段であるということ。
大河内先生もよく話されていますね。

シンプルに、多いに越したことはないけれど、
個々人の価値観は十人十色。
必要なお金の量は違う。
単なる数字に、価値があるわけではない。

手段にすぎない数字なのだから、
紹介者、紹介された人が1000円もらえてWin-Winなときは、
素直にのっかった方が、全体最適ですね。

さいごに

お金は手段。人生で自分が何を実現したいのか、
常に考えて行動を選択するようにしたい。

メンバーはプロジェクトマネージャの気持ちを理解してこそ仕事ぶりが高まる

こんにちは。

https://1.bp.blogspot.com/-cEpDtCx7xvk/Xesocl8WcxI/AAAAAAABWXg/gtvVhwB6F_MY2vqJEtth4EJ3EV-LuvHCQCNcBGAsYHQ/s1600/leader_business_woman.png

 

 

今日の結論としては、

プロジェクトのメンバーとして動く時、

プロマネの立場の気持ちを考える」

ことで、最適な行動方針が導けるという気づきです。

 

同じことを質問されても、快く対応する

プロマネは、関係者から入ってくる情報量がメンバーに

比べグッと多い。

大なり小なり、タスクが並行して進んでいる。

そんな中、メンバーとしては、同じ質問や確認を

プロマネから受けることって、しばしばあると

思います。

 

そんな時は、嫌な顔せず、ハキハキと対応する。

「さっきも同じこと聞きましたよね?」という

ニュアンスのことは、メンバー側からは

言わない方が望ましいと考えます。

 

プロマネにもメンツがあるので、

メンバーから率直に指摘受けて傷ついてしまう

可能性がある。

また、大抵の人であれば、答えを聞いた後、

内心(さっきと同じこと聞いちゃった・・)

と気づいたりする。

 

また、メンバー側の勘違いで、微妙に

違う質問をしてきている、という可能性

もあります。

なので、同じ質問かな、と感じても、

1回目と同様に対応する、のが

ベストと考えます。

 

「先程の質問と、違った意味合いでお尋ねですか?」

くらいに最初確認すると、時間の浪費は防げるかもですね。

しかし、同じように回答してあげた方が、

プロマネにとっても情報をもう一度インプットしてあげられる

ことになるので、望ましい。

 

会議前、早め早めにプロマネに情報をインプットする

プロマネが会議の場で代表して、メンバーの

成果物について説明することって、よくあります。

 

メンバー側から、積極的に時間をとり、

プロマネが勘違いや認識もれをしていないよう、

会話しておくことが、大事と考えます。

 

ここでも、プロマネにとってのメンツを

考えることが、何気に重要。

 

会議の場で、プロマネの理解不足が

露呈してしまったら、恥をかくのは

プロマネ

 

プライドがあるタイプの

プロマネほど、プロマネ側から

積極的に、「会議で喋るあの部分、

よく教えて」と言ってこなかったりする。

 

メンバー側から、「事前にプロジェクト内部で

認識齟齬がないように、報告箇所を会話しておきたい。」

と、なるべく下からの言い回しで、時間をとっておくのが

良いですね。

「あまりに細かい質問が飛んできたら、私発言します」

と事前に言っておくのも良いですね。

 

プロマネのタイプによっては、メンバーから会議中に

助け舟出されることを、恥ずかしいと思う場合もあるので。

 

さいごに

プライドが高いあまり、メンバーに自分から頼れない

タイプをイメージして考えてみました。

 

リーダ業務をやっていた時の、特に最初の頃の

自分ですね。自分は謙虚な雰囲気を多分周囲に

出しつつ、実はプライドが人一倍高いタイプです。

 

今では、人にお願いをするスキルもだんだんついて

きた気がする。

しかし、どんなにできたプロマネでも、

自尊心やプライドは必ずある。

メンバーの側から、ケアするように接することも

心がければ、結果的にWin-Winでパフォーマンスの

出せるチームになるのではないでしょうか。

 

 

ネット通信環境への投資は最優先

こんにちは。

f:id:EternalBlueBullet:20210608214427j:plain

 

 

今日の結論としては、

インターネットの通信環境には、

最優先に投資すべきあるということです。

 

出費というより、自己投資である。

 

もしも通信環境の質が悪かった場合、

顕著に影響を受ける様々なコンテンツ。

情報のインプット能率が下がる

YouTube見ると固まる、

ニュースサイトも画像が重い。

ビデオ通話も映像は不可、音声だけでなんとか。

Twitter開くのにも、重くてそっと閉じる。

・・・

情報を洪水のように吸収したい人にとっては、

バイスでの操作一挙手一投足が難ありになってしまう。

エンタメの享受にも支障が出る。

音楽のストリーミングも不意に止まったりする。

音楽で集中して作業したいのに、残念。

 

一方、音声コンテンツは強い

Voicyだと、通信環境悪い中でも、比較的ストレスなく聴けた。

音声のみだと、動画や音楽、画像と違い、データ量が少なくなるから

と思われる。

音声コンテンツの強みは、この軽さにもあると実感。

 

さいごに

某県のビジネスホテル備え付けのwi-fiが絶望的に遅く、

感じた思いを記載してみました。

自宅の光回線が、いかに恵まれているかを実感しました。

 

楽天モバイルテザリングの方がまだ安定しているので

テザリングを使って電話会議もしました。

楽天モバイルは月当たり1GB以内に抑えれば無料なところ、

データ量を消費してしまってもったいないという

思いもある・・。

 

ネット回線の環境って、地方でも

投資次第では十分な質のものが得られると

思います。イケハヤさんとか高知の山奥らしいし・・。

田舎のビジネスホテルだから遅い?と言うわけではなく、

設備への投資が不足しているのだとは思う。

 

地方の暮らしだったとしても、

ネット環境には十分お金をかけて、

情報を得られる人でありたいな、と感じた次第です。

月数千円の投資です。誰しもの、優先順位次第と

思います。